日本におけるソフトウェアテスト技術者資格認定の運営組織であるJSTQBは、第一回目となるFoundation Level <自動車ソフトウェアテスト担当者>の試験の開催概要を発表し、募集を開始いたしました。

こちらの試験は、すでに Foundation Level の資格を持っている方が対象になります。
FL認定証(PDFデータ)の提出が必要になりますのでご用意ください。

試験の開催概要は以下のとおりです。

日時2021年3月22日(月)10:00~11:00 実施
申込受付2021年2月1日(月)15:00~2月19日(金)15:00
提出書類締切2021年2月24日(水)
試験会場と募集人数東京(50名)・名古屋(50名)

なお今回の試験は、新型コロナウィルスの感染防止の観点から各試験会場の定員数を設定して実施します。そのため、各試験会場の申込みが定員数に達した場合は、申込後でも受験が出来ない場合がありますので、受験をお考えの方はお早めにお申し込みされることをおすすめいたします。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。
http://jstqb.jp/attribute.html

尚、Foundation Levelは、今回の自動車ソフトウェアテスト担当者の他に、アジャイルテスト担当者も追加されました。
どちらも、シラバスは以下のページよりダウンロードが可能です。

http://jstqb.jp/syllabus.html#syllabus_foundation_extension

【JSTQBについて】
JSTQBは日本におけるソフトウェアテスト技術者資格認定の運営組織で、各国のテスト技術者認定組織が参加しているISTQB(International Software Testing Qualifications Board)に2005年4月より加盟しています。
JSTQBが運営するソフトウェアテスト技術者資格はISTQBを通じて相互認証を行っており、本組織が運営する資格は海外でも有効な資格となっております。

JSTQBウェブサイト:http://jstqb.jp/index.html
JSTQB公式Twitter:https://twitter.com/JSTQB_PR